2015年2月7日土曜日

日本からBank of Americaの口座を閉じる

昨年10月にアメリカから帰国したんですが、まだ一部ペンディングのトランザクションがあって帰国前にアメリカの口座を閉じれず、帰国後に閉じたんですがすごく時間がかかって大変でした。最初に電話で問い合わせてから小切手を受け取るまでに3ヶ月半かかりました。以下は簡単な流れです。今後同様のことを行う方の参考になれば幸いです。

10月頭

帰国

10月中旬

電話でCheckingとSavingsアカウントを閉じたいと伝える。残高は小切手(Cashier’s check)を送るから日本の住所を教えてくれと言われ教える。小切手は2週間くらいで届くとのこと。

11月上旬

2週間たっても小切手が届かないので再度電話で問い合わせ。前回の電話で閉じれたのだと思っていたらどうやらCheckingアカウントは残高がかなりあるため電話では受け付けできず、口座を閉じたいという旨の手紙を送れと言われる。

12月中旬

1か月後ようやく返信が来て小切手が届いたのかと思いきや、口座を閉じるなら所定のフォームに公証人のサインをして返信しろという旨の封書が届く。電話で問い合わせたところ日本の公証人でOKらしかったので、すぐに公証人にサインをもらって返信。

1月中旬

ようやく小切手が届いたので、UFJに外貨預金口座を開設して小切手の取り立てを依頼。入金までに3週間程かかるとのこと。

2月上旬

きっちり3週間後外貨預金口座に入金される。

入金まで約3ヶ月半かかりました。良い子のみんなは帰国前に口座を閉じるか、当面の生活費をワイヤートランスファーなどで帰国前に送金しておきましょう。。

0 件のコメント:

コメントを投稿